科名
 写真  掲載種数
 アゲハチョウ科  21種
 シロチョウ科  27種
 シジミチョウ科  77種
 タテハチョウ科  61種
 タテハチョウ科
マダラチョウ亜科
 12種
 タテハチョウ科
ジャノメチョウ亜科
 28種
 セセリチョウ科  36種
ポータルサイト(古希からのネイチャーフォトライフ)へ

50年前、私が昆虫少年だった頃、日本の蝶は約200種類といわれていました
唯一の天
然色写真図鑑と思われていた保育社の「原色日本蝶類図鑑」の掲載種は199種ではなかったかと記憶しています

当時沖縄は日本ではありませんでしたし、ヤマキマダラヒカゲとサトキマダラヒカゲの区別もありませんでした
大学受験の頃から蝶との縁が切れ、その後、約40年の会社生活も無事卒業しましたが、還暦を意識する頃から蝶や野草や野鳥など自然への想いが少しずつ再燃し、ディジタル一眼と望遠レンズを持って家内と野山へ出かけることが多くなりました

リタイア後5年で当面の目標とした蝶200種の撮影を達成し、写真も整理できてきましたので「還暦からの蝶200種」としてホームページの公開を試みることにいたします
還暦からの日本の蝶250種

2003年にビジネスの世界からリタイアし、蝶の写真撮影を始めました
日本での撮影種が200種を超えた時点で「日本の蝶200種」というホームページを開設し、種ごとにページを設けて写真とコメントを記載してきましたが、撮影種が着々と増えていきましたのである時点でタイトルを上記のように(250種に)改題しました
240種を超えるあたりからペースが落ちましたが、リタイア15年目の2018年7月に国内撮影済の「日本の蝶」がやっと250種になりました
一方、海外で撮影した「日本の蝶」が上記以外に9種となり、合計で259種が撮影済(ホームページ掲載種)となりました

http://mustachio.justhpbs.jp/
ポータルサイトのご案内

現在ホームページ「還暦からの日本の蝶250種」とブログ 「還暦からのネイチャーフォト」を2本立てで運営しておりますが、これを統合したポータルサイト「古希からのネイチャーフォトライフ」を設定しております

当面は二つのウェブページへの導入ページとしてポータルサイトを運営しますが、将来はネイチャーフォトギャラリーの機能を発展させたいと考えています

このホームページも従来通り継続しますが、お気に入り登録は本ホームページ、ブログの双方にアクセスできるポータルサイトが便利かと思います

こちらは2008年12月ホームページ「還暦からの蝶200種」を開設した時のコメントです

撮影済「日本の蝶」262種(写真とコメント)
 クリックで科名(または写真)を選び、科のページから種名をクリックしてください 種別の蝶のページが開きます

ちなみに上記263種のうち、2016年10月における未撮影種4種は
   国内定着種      オガサワラセセリ (小笠原諸島母島)
   迷蝶(推定定着種)マルバネウラナミシジミ (小笠原諸島母島)
               シロモンクロシジミ(西表島)
   迷蝶         ヒメウラボシシジミ(海外での撮影に期待)
となっており、あと1種を撮影してホームページのタイトルを「還暦からの日本の蝶260種」に改題
することを課題にしたいと思っています

撮影済みの259種についてはグループ(科)別に分類し種ごとにページを設けていますので、クリックしてご参照ください

なお最近は野鳥や野草へ活動の範囲を拡げておりますので、ポータルサイトからブログなど閲覧いただければ幸いです

日本の蝶」の定義は非常にあいまいです
一応「日本国内において定着(世代交代)が確認された種」が該当すると理解していますが普遍的な定義はないようです
私個人としては誠文堂新光社の図鑑(フィールドガイド「日本のチョウ」)記載の種類を「日本の蝶」ということで整理をしてきました
実は今年(2019年)の春図鑑が増補改訂され記載種が263種から268種に変更になってしまったのです

理由の一つが外来種の定着でタッパンルリシジミ、ホリシャルリシジミ、ムシャクロツバメシジミの3種が追加されました

もう一つの追加理由がスプリットで、ヒョウモンチョウがキタヒョウモンとコウゲンヒョウモンに区分され、ウラギンヒョウモンがサトウラギンヒョウモンとヤマウラギンヒョウモンに区分されたのです

個人的にはタッパンルリシジミとホリシャルリシジミを海外で撮影済みでウラギンヒョウモンも新しい2種に該当すると思われる撮影済み写真がありましたので前述のような掲載種変更という事態が生じた次第です

ご参考までに

上記紹介メッセージは2018年7月にアップしたもので、その後は新しい種類の蝶撮影は全くしておりません
が、2019年のシーズン開始前に「日本の蝶」の定義が多少変貌したようなので、コメントを少し訂正させていただきます

2019年春の撮影済種類数は
            国内撮影種    251種
            海外撮影種     11種
                合計     262種
に訂正し、ホームページ掲載種も併せて変更いたします
ポータルサイト(古希からのネイチャーフォトライフ)へ